血統中心に競馬予想

主に競馬予想を中心にアップしていきます

枠順確定【天皇賞・春】全頭印づけ

こんにちは淀です。

自分は淀の近くに住んでいるということもあって、この春天はほぼ毎年現地観戦していましたが、今年は仕事のためテレビ観戦に

今年は平安Sが行われる日にでも行こうかなと考えています。

さて、その天皇賞ですが、枠順が確定しました。

一応、事前予想の段階で印は考えていたので、枠順が出たことと、調教も終わったので予想も詰めていきたいと思います。

天皇賞・春の事前予想はこちら


1.ミッキーロケット △
キングカメハメハ
母父Pivotal

過去10年で3勝の最内枠ゲット。
父キンカメは以外にも当レースとは相性悪く、連対馬なし。
買い材料は、和田騎手。
昨年の菊花賞3着ポポカテペトルなど、穴を持ってくるイメージ。
3着の抑えまで。それ以上はいらない。

2.チェスナットコート △
ハーツクライ
母父クロフネ

前走日経賞は上がり2位を記録。
母父クロフネは、当レースには全く縁がないが、母父サクラバクシンオーキタサンブラックの例もあり、絶対に来ないとは言い切れない。
過去10年で2勝の2番枠ゲットで怖い存在に。
あと、蛯名騎手も不気味。

3・シホウ 消し
キングカメハメハ
母父デインヒル

特に強調する点なし。
あるとしたら、追いきりの動きが良かった点か。

4.カレンミロティック 消し
ハーツクライ
母父A.Pインディ

過去2回当レース馬券内ですが、さすがにもう10歳。
前走もハナを切れておらず、衰えは明らか。

5.ヤマカツライデン 注
シンボリクリスエス
母父ダンスインザダーク

昨年はキタサンブラックに早目に並ばれ15着でしたが、3コーナー過ぎまでは逃げていました。
前走、大阪杯もあのメンバー相手に4コーナーまで先頭を走っており、スピードもそこそこある。
何より、去年と違う点は、芝2000m重賞3着内歴あり(函館記念3着)という、好走ファクターに合致してきた点。
逃げれば面白し。
血統的にも父ロベルト系にダンスインザダークなので大穴ムード漂う。

6.ガンコ ★
ナカヤマフェスタ
母父シングスピール

好枠ゲット!!
ナカヤマフェスタは、亀谷先生は長距離サンデーに分類しています。
これは、ブラックタイドマーベラスサンデーなどと同じ。
母父シングスピールがシャケトラと被りますが、脚質が違うので大丈夫か。
早目に先頭に立ち、押し切る姿がイメージされる。

7.ピンポン 消し
ハーツクライ
母父ホワイトマズル

血統はいいと思います。
お金が余ったら単勝複勝100円ずつくらい買ってもいいかな。

8.クリンチャー ▲
ディープスカイ
母父ブライアンズタイム

この微妙な血統はまさに天皇賞向きだと思います。
ガンコのところでも紹介しましたが、この馬も長距離サンデー系。
さらに母父には、ブライアンズタイム
2012年14番人気1着ビートブラックの母父。2005年14番人気2着ビッグゴールドの父。
速い上がりがないが、スタミナはあるので、そこそこ早めに動いてペースを速くしたい。
スローの差し比べなんかになったら駄目だと思います。

9.ソールインパクト △
ディープインパクト
母父Exchange Rate

まずまずの枠。
母父ダンチヒ系はいいのですが、この馬は米国ダンチヒ系。
どちらかというと欧州型の方が好走歴があるので、少しマイナスです。
ただ、鞍上には福永騎手が継続騎乗なので期待。
2007年11番人気2着エリモエクスパイアの再現お願いします。

10.サトノクロニクル 〇
ハーツクライ
母父Intikhab

前走上がり3位がマイナス点だが、レインボーラインに前をカットされる不利あり。
最後にまた伸びているだけに、評価できます。
母父ロベルト系は良し。
枠が過去10年0.0.0.10の最悪な枠。
それがなければ本命にしていたかも、、、

11.シュヴァルグラン 保留
ハーツクライ
母父Machiavellian

当レース2年連続の馬券内。
ただそれは、福永騎手の好騎乗あってこそのもの。
ボウマン騎手は自国でもあまり長距離レースには乗ってないらしく、感覚的にどうか。
福永騎手を下したオーナーにも全く好感が持てず、負けてくれと常に願う1頭です。

12.レインボーライン ◎
ステイゴールド
母父フレンチデピュティ

枠は少し外ですが、過去10年1.1.1.7なのでそこまで悪くないです。
当レースはディクタスの血を持つサッカーボーイなどと相性が良く、ステイゴールドにも母父ディクタスの名が。
前走、阪神大賞典を上がり最速で勝利。
阪神大賞典上がり最速馬は3年連続馬券になっているのもこの馬を本命にした理由です。
母父フレンチデピュティが微妙ですが、母母父には天皇賞アンバーシャダイがおるので大丈夫でしょう。

13.トウシンモンステラ 消し
キングカメハメハ
母父サンデーサイレンス

前走見どころなし。
血統からも推す理由なし。

14.アルバート 保留
アドマイヤドン
母父ダンスインザダーク

前走は上がり2位で4着。
常に最後方から上がりだけの競馬でしたので、公開調教みたいなものか。
今年は相手が楽!、、、とか言われていますが、この馬も年を重ねて能力落ちてきていると思うので、、、
血統は父にトニービンも含まれ、母父もダンスインザダークなのでいいと思います。

15.トーセンバジル △
ハービンジャー
母父フジキセキ

ハービンジャーの距離延長は買え」が亀谷先生の格言。
大阪杯ペルシアンナイトもその通り好走しました。
昨年の京都大賞典で、岩田騎手がやったような先行策をデムーロ騎手が出来れば怖いと思います。
ただ、意外にデムーロ騎手はこれまで春天とは相性よくないんですよね、、、
血統的にも母父フジキセキがネック。
3200もつかどうか?

16.スマートレイアー △
ディープインパクト
母父ホワイトマズル

母父ホワイトマズルはリファール系で当レースとの相性はまずまず。
昨年の阪神2000m鳴尾記念2着で好走データとも合致します。
枠番16番も何故かそこそこ良くて過去10年0.2.0.7。
その1年前2007年には、エリモエクスパイアが2着に来ています。
3着の抑えに。

17.トミケンスラーヴァ 消し
タイキシャトル
母父デヒア

今年の万葉ステークス勝ち馬ですが、ここではきついかと。
ヤマカツライデンよりもスピードはないので、ハナを切るのも叶わなさそう。

 

以上17頭の印です。

シュヴァルグランアルバートはお金があったら買い目に入れるって感じですね。

本命レインボーラインは、前走のように4コーナー先頭くらいまで、捲っていけるかが鍵です。
過去10年の映像を見ても直線で後方から一気に差し切りみたいなレースはほぼ皆無ですので、早目に前を捉えてほしいです。


最終的な買い目は当日に発表すると思います

読んでいただきありがとうございます。