血統中心に競馬予想

主に競馬予想を中心にアップしていきます

今週の事前予想【マイラーズC】注目馬は本命どころも穴を狙うならIn Realityのあの馬

今週の京都メインはマイラーズカップ

 

G1制覇まであと一歩のところまで来ているエアスピネルが登場します。

 

では、マイラーズCの予想をいつものように亀谷敬正氏の著書「重賞ビーム」から読み解いていきたいと思います。

 

 

 

①前走1400m重賞使用馬。3着内ならなお良い。

 

②人気薄なら前走先行していること。

 

③父血統(過去5年の3着内馬15頭)

ディープインパクト6頭

短距離向きサンデー3頭

キングカメハメハ2頭

 

 

④母父血統

サンデーサイレンス3頭

グレイソヴリン系2頭

ダンシングブレーヴ2頭

カーリアンデインヒルが2回ずつ(同一馬)

マイナー系2回

 

⑤持ち時計(過去5年の3着内馬15頭)

2014年1着ワールドエースと2016年1着クルーガーはここが初めてのマイル戦。

その他の13頭の持ち時計の最低ラインは1.33.1秒。

稍重だった2012年以外は、すべて1分33秒を切る時計で決着し、2014年には1.31.4のレコードも出ている。

とにかく超高速馬場になる。

 
 
以上の内容から、やはりあの馬が特注馬としてあがりますね。
 
 
特に、減点材料はないですよねニコニコ
年齢をひとつ重ねてズブくなっているかもしれませんが、それはレースを見るまでわからないこと。
良でも重でも1600mなら大敗はしないことから、生粋のマイラーと見ていいと思います。
未知の魅力の馬が何頭かいますが、普通に先行できれば3着内をはずさないのではニヤリ
 
エアスピネルは固いですが、以下の注目馬もやはり固めですあせる
 
サングレーザー
 
この馬の減点材料は持ちタイム!
1.33.9が最高タイム。
ただ、それは昨年のマイルCSでのタイムで稍重で3着したことを考えても、1.32秒台を出すことは可能かと。
成長度からみると、この馬の方が魅力。
母父Deputy Ministerですが、2015年2着サンライズメジャーと同じで特に減点はなしですウインク
 
モズアスコット
父Frankel
母父India
 
前走、阪急杯2着。
てっきり高松宮記念にいくと思いきや、マイルを選択。
前走、1400使用馬が好成績ですので、それは好材料
阪神で1.32秒台の時計があり、1400m得意なことからも高速馬場のマイルは合いそう。
ただ、血統がどうなんでしょう?
過去の好走馬とは比べられませんがサンデーが入ってないのはどうかとガーン
まだ4歳で魅力ある馬なので応援もこめて馬券は買いたいです。
 
 
2連勝。そしてタイムも1戦ごとにつめており、期待がもてる1頭。
ハーツクライから同レースの連対馬がでていないが、コースの単勝回収率は200%を超えており(2013年4月~)不安は無用か。
ただ、母父ミスプロ系も過去5年全く来ていないのが気になる。
まあそれよりもハーツクライ産駒の上昇力への期待の方が上に感じる1頭ですね。
 
 
 
 
 
と注目馬も人気所であまり面白くないので、人気薄から1頭あげます。
 
 
ダッシングブレイズ
父Kitten's Joy
母父Honour And Glory
 
前走、金鯱賞でも注目した1頭。
ここ何走かは先行競馬をしており、前走も3,4コーナー3番手をとっています。
穴馬要素②を満たしており、タイムも1.32秒台を持っています。
血統も父Kitten's Joyといえば、昨年のデイリー杯勝ちジャンダルムと同じ。
母父Honour And Gloryはマッチェム系で、2016年1着クルーガーも同じマッチェム系。
マッチェム系をたどっていくとIn Realityが出てきます。
In Realityと言えばスピードと思い、過去のネット競馬の亀谷先生のコラムを見返すとその通り。
In Reality系は芝1200m以下のスプリント戦で強いと書いてあります。
このレースの傾向もスプリント指向の馬が好走傾向にあるのでダッシングブレイズはかなり有力視したいと思います。
 
エアスピネルには加齢ぐらいしか不安点はありませんが、他の3頭にはそれぞれ不安点が、、、
 
それならダッシングブレイズから狙ってみるのもアリかなと思う事前予想でしたニヤニヤ
 
 
読んでいただきありがとうございますラブ
 
 
ペタしてね