血統中心に競馬予想

主に競馬予想を中心にアップしていきます

今週の事前予想[福島牝馬S]特注馬は想定11番人気のあの馬

こんにちは。
 
先週の皐月賞は見事に外れましたが、嬉しいことがありました。
 
金曜日のネット競馬さんの亀谷先生のコラムをいつも読んでいるのですが、
『重馬場なら後に天皇賞春で活躍できるようなステイヤータイプが皐月賞は好走する』
と、まさに自分が思っていた通りのことがコラムに書いてありました^ ^
 
結果はというと、ヒシミラクルにもつながる血統をもつエポカドーロが勝利🏅
 
なら、当てろよと言われそうですが、ジェネラーレウーノの激走までは予想できませんでした。
 
自分は勝手に亀谷さんのことを師匠や先生と呼んでいますが、少しでも近づけるように頑張りたいですね。
 
いつものように亀谷先生の著書『血統ビーム』から勝ち馬を探っていきたいと思います。
 
*以下は自分の見解と重賞ビームをまぜ合わせたものであり、亀谷氏の予想とは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 
①前走芝2000m以上を使っている。
 
②前走中山牝馬ステークスで連対。
 
③父血統過去5年3着内馬15頭
主流サンデー系4頭
グレイソブリン系2頭
欧州ミスプロ2頭
あとはバラバラ
 
④母父血統過去5年3着内馬15頭
大系統欧州ノーザンダンサー系4頭
グレイソブリン系3頭
マイナー血統2頭
 
⑤距離、過去5年3着内馬15頭
同距離8頭
短縮5頭
延長2頭
 
⑥馬体重
過去5年3着内馬15頭中14頭が450キロ以上。
唯一の例外は2016年1着マコトブリジャールだが、この馬は福島のオープンクラス3着の実績あり。
 
 
以上のデータから特注馬が1頭います。
 
それは
 
 
 
ロッカフラベイビー👶
 
まず、血統ですが、
正直、あまり良くありませんが、まぁ悪くもないのでセーフ\(^-^)/
 
母父グレイソブリン系はベリーグッド👍
 
そして、前走1900m以上を使って、今回距離短縮になる馬といえば、この馬とデルマサリーチャンくらい。
 
また、前走愛知杯組は2015、2016年と2連覇達成。
 
この馬が現在ネット競馬の予想オッズで11番人気110倍くらいのオッズΣ(・□・;)
 
流石に本番では30倍くらいになると思いますが、それでも美味しい人気。
複勝とか普段あまり買いませんが、手を出してみたくなる人気にならないかなー。
 
ロッカフラベイビー以外は、ほとんどが中山牝馬ステークス組。
 
この組の取捨が重要になってきます。
 
まず、連対馬のカワキタエンカとレイホーロマンス。
この2頭は、どちらも危ないのではないでしょうか⚠️
 
ワキタエンカは血統的に合わないような気がしますし、逆にレイホーロマンスは血統はバッチリですが、馬体が細化しすぎて不安要素いっぱいです。
 
中山牝馬ステークス組から狙うとしたらこの2頭ではないでしょうか?
 
母父Tejano Ran
 
前走は果敢に先行しましたが、8着、、
ただ、血統的には2014年2着キャトルフィーユの半妹。
福島は初ですが、合うはず。
 
キンショーユキヒメ
 
中山牝馬ステークスは、中段からそこそこの脚で7着。
 
メイショウサムソン母父サンデーサイレンスの組み合わせは、昨年2着フロンテアクィーンと同じ。
強い時は強く見えるつかみどころのない馬ですが、初の福島で一変の可能性大。
 
とゆうわけで、なんか荒れそうな福島牝馬ステークス
注目馬もあまり人気のない馬になりました。
 
人気の一角デンコウアンジュは、前走1600m使用がマイナス。
 
思い切って穴からいくのも面白そうで、ワクワクしてきました
 
読んでいただきありがとうございます😊