回収率100%越えを目指すブログ

買い目、回収率公開中!

最終予想【高松宮記念】

いよいよ高松宮記念‼️

いろんなローテーションから強い馬が集まってワクワクしますね口笛
こんなに楽しみな高松宮記念は、ロードカナロアが勝った年以来かも。
もともと予想は難しいのに加えて、馬場も悪化してカオス滝汗
馬券はほどほどにしておいて純粋にレースを楽しもう。
 
では、まずは天気、風から。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
中京 15時 西4m 16時 西3m 晴れ☀️
 
中山 15時 北5m 16時 北4m 雨後曇り☂️☁️
 
阪神 15時 北北西5m 16時 北北西4m 晴れ☀️
 
tenki.jp参照
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
マーチS中止順延
 
☆最終見解
 
ペース H〜M 逃げ リアンヴェルテ(メイショウワザシ)
 
逃げは絶対に行く!と宣言しているリアンヴェルテが行くでしょう。
メイショウワザシも行きたいですが、スピードが圧倒的にリアンヴェルテの方が速い為、隊列は早めに決まるでしょう。
ただ、リアンヴェルテが作り出すペースは基本的に速く、スローになることはなく、かなり激しい消耗戦になりそうです。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
本命は◎14.メイショウワザシ
前2走は武豊騎手が乗っていたからか、スローの流れ。
3走前に善臣騎手が乗り、ハイペースの流れを粘り3着。
これを評価したいと思います。
母父にマンハッタンカフェで厳しい流れになっても粘り切れる根性があると思います。
 
対抗は○2.クリンチャー
前走初ダートでMペースから差してきて2着。
京都の平安Sがベストかと思いますが、ペースが速くなりそうなここなら差してくると思います。
調教は、このレース向きのモッサリした感じで、これは気にしなくて良さそうです。
 
3番手は▲16.アシャカトブ
事前予想で挙げましたが、速いペースでの実績がない為評価は下げました。
血統は父シニスターミニスターで良いので、血統の適正でペースを克服していることを期待します。
 
4番手は☆10.スワーヴアラミス
2走前に中山1800m勝ちありますが、これはスローペース。
今回テンに速い馬が多く、前付け出来るかどうかは微妙。
少し後手を踏むようだと危ないかと。
1番人気になるほど信頼はないかなぁ〜。
 
穴は注5.ローズプリンダム
前走は相性が良い総武S組でこれだけで買えます。
この馬もメイショウワザシと同じく、ハイペースだった師走Sで4着。
騎手も穴っぽい大野騎手で楽しみ。
1800mの持ちタイムも1番速く、この馬があまり人気ないのは穴党には楽しみ。
 
 
◎14.メイショウワザシ
○2.クリンチャー
▲16.アシャカトブ
☆10.スワーヴアラミス
注5.ローズプリンダム
 
【買い目】
 
中止の為再考。
最終予想、買い目は考え直します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
【🎌高松宮記念🎌】
 
☆最終見解
 
ペース M 逃げ モズスーパーフレア
 
一時期、モズスーパーフレアに絡みかけたラブカンプーもいよいよテンのスピードがなくなってしまったので、モズスーパーフレアの単機逃げは確実。
ただ、モズスーパーフレアはスローの逃げ馬ではないので、ペースはMにはなるでしょう。
マイルからの参戦馬が多く、テンに速い馬が少ない為、前に行く馬はそれほどキツくならないと思われます。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
本命は◎12.セイウンコウセイ
あまり速い馬がおらず、楽に2〜3番手は取れると見ます。
前に行くモズスーパーフレアにも楽に追走できるスピードがあるのは前走を見ても明らか。
調教も先週に南Wで6F77秒の猛時計を記録。
7歳でもまだまだトップレベルにあります。
 
対抗は○15.ナックビーナス
この馬も楽に先行できるのが強み。
枠順的には3番手を楽に追走出来そう。
今日のような悪馬場では父ダイワメジャーの根性が生きてきます。
調教も相変わらず素晴らしいです。
 
3番手は▲3.ダイアトニック
この馬は血統と調教が良いです。
ロードカナロアですが、母母父にリボーの血を持っていて、タフな展開になるほどこの馬向きになります。
調教も1週前に坂路で49.9-11.9の猛時計を記録。
調教の動きも良いです。
 
4番手は☆9.タワーオブロンドン
昨年のチャンピオンで、オーシャンSを叩いて上積みは感じます。
福永騎手なので3着あたりに来そうな気が、、、
 
 
 
◎12.セイウンコウセイ
○15.ナックビーナス
▲3.ダイアトニック
☆9.タワーオブロンドン
△1.2.14.17
 
 
【買い目】
 





今日の7レースで1〜3着が前走1400mからの距離短縮組だったんで、前走阪急杯組の1.3.11に阪神Cの8の組み合わせを買っています。
 
当たりますように🙏
 
 
 
 
⬇️良かったらクリックとブログインお願いします⬇️
 
 
 
 


最強競馬ブログランキングへ

 
 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
 


競馬ランキング

最終予想【毎日杯&日経賞】

今週は4重賞。

事前予想も終わったので後は予想をするのみ。
ちょっと週中に挙げた馬の調教がイマイチなんで、本命に変更があります。
今日の2レースは、明日の重賞に比べると比較的当てやすいかなと思いますので、特に毎日杯は必中で行きたいです🔥
まずは天気、風から。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
阪神 15時 北5m 16時 北5m 曇り☁️
 
中山 15時 北東 5m 16時 北東5m 曇り☁️
 
中京 15時 西北西3m 16時 西北西3m 曇り☁️
 
tenki.jp参照10時発表
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
【4️⃣毎日杯4️⃣】
 
☆最終見解
 
ペース S〜M 逃げ ダノンアレー(アーニングフェイム)
 
毎年5F通過は1分を超えるスローな流れになるので、今年もスロー濃厚。
ダノンアレーは福永騎手に乗り替わりで、アーニングフェイムが競りかけて来ればスッと引く可能性高し。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
本命は◎6.ストーンリッジ
やはり今日の風向きなら先行有利と見てここから。
兄にマウントシャスタやカミノタサハラがいる血統で、馬場が渋っても大丈夫に思います。
調教は、最終追い切り坂路で2勝クラスに先着しており好調持続。
岩田望騎手初の重賞制覇に期待。
 
対抗は○8.サトノインプレッサ
こちらもディープインパクト産駒。
調教はCWでやっており、傾向的にはこれが最も良かったですね。
ただ、アルジャンナを抑えて現在1番人気は草。
どこまでの器か実物ですね。
 
3番手は▲2.アルジャンナ
川田騎手は降ろされてヒューイットソン騎手にスイッチ。
池江厩舎はアルアインが勝っていますが、アルアインはCW調教でした。
対してアルジャンナは坂路一本。
動きは良いですが、傾向的に坂路一本は評価できないので、上位2頭とは差があります。
 
4番手は☆1.アーヴィンド
事前予想を読んでくれた方なら分かると思いますが、これが本命候補でした。
評価を下げたのは調教。
前走CWでやってるんだから今回もCWでやれよ!って感じで、坂路で併せ馬無し。
これでは評価出来ません。
ただ、昨年同じような調教で1着したランスオブプラーナと同じ1番に入ったのはプラス。
 
後は、調教の良かったメイショウ2頭に、前に行くダノンアレーをおさえます。
 
◎6.ストーンリッジ
○8.サトノインプレッサ
▲2.アルジャンナ
☆1.アーヴィンド
△5.7.10
 
 
【買い目】






 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
【💹日経賞💹】
 
☆最終見解
 
ペース S〜M 逃げ ヤマカツライデン(ソウルスターリング)
 
前に行きたい馬が多く、とりあえずはヤマカツライデンを行かせといて、向正面で動いてくる可能性があります。
武豊騎手が逃げた昨年とは違い、関西騎手も仕掛けてくるでしょう。
スティッフェリオは、師が控える発言をしていますので、逃げはヤマカツライデンかソウルスターリング
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
本命は◎8.エタリオウ
1週前にCW6F79秒台の速い時計を出しています。
師も前向きな発言をしており、調子は万全。
騎手は岩田康‼️
西で息子の初重賞制覇を見て、魂に火がつくか🔥
ステイゴールドに母父米国系のCactus Ridgeでこれは不安なし。
 
対抗は○14.ミッキースワロー
大外が残念ですが、14番ならギリOK🙆‍♂️
調教が7本と少ないですが、ギリギリOK🙆‍♂️
父ディープ系はイマイチですが、反主流の向きが強いトーセンホマレボシなら何とかなりそう。
母父にグレイソブリン系のジャングルポケットを持つのは良し👍
 
3番手は▲12.スティッフェリオ
前走は内が荒れていて、逃げ馬には厳しい展開になりましたね。
今回は好位からで、逃げはしないようです。
ステイゴールドで母父Mtotoで小回り向きのスピードがあるので、雨はあまり降らない方が良さそう。
 
4番手は☆11.サンアップルト
前走、大外から差し切って勝利🏆
血統注目馬で、父ゼンノロブロイは自身も有馬記念2連覇した舞台。
母父キングカメハメハは、キングマンボ系が相性良いレースでプラス。
さらに、母母父にトニービンを持っており、スピードの持続性がある為、小回りは合っていそうです。
善臣騎手の魂の追い込みにも期待。
 
穴は注9.ガンコ
これは調教内容が断然に良くなっています。
1週前に、CWで、80.0-12.0の好タイムを記録。
本数も短い期間でしっかりと乗り込まれており、ここは本気モードが漂います。
血統は、一昨年勝っているので何の問題も無し!
穴に一考。
 
事前予想で取り上げたモズベッロは、本数が5本と少なく、これはかなり危険なパターン。
一応おさえますが、頭では買いません。
 
◎8.エタリオウ
○14.ミッキースワロー
▲12.スティッフェリオ
☆11.サンアップルト
注9.ガンコ
 
 
【買い目】




当たりますように🙏
 
 
⬇️良かったらクリックとブログインお願いします⬇️
 
 


最強競馬ブログランキングへ

 
 
 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
 


競馬ランキング

今週の重賞【マーチS】

4重賞最後はマーチS

4重賞はやっぱりしんどいですねチーン
名称縛りがあるかもしれませんが、来週は2つしか重賞ないんで、エイプリルSとかに名前変えて来週にやってほしいですねウインク
ただ、結構荒れるレースで嫌いではないですが、予想は激ムズイ。
それでは、当たったらキセキとも言えるこのレースを、いつものように亀谷先生の『重賞ビーム』を参考に予想していきましょう。
 
☆調教傾向
 
2019年
1着サトノティターン 併用4本
南W 52.9-39.2-12.7 馬なり
内併走馬に併入
2着ロンドンタウン 併用9本
栗坂 49.8-36.8-24.7-12.6 G前強め
3着リーゼントロック 坂5本
栗坂 53.1-38.9-25.4-12.6 一杯
併走馬に遅れ
 
2018年
1着センチュリオン 併用2本
南W 67.3-52.1-38.4-13.6 一杯
中併走馬に併入、外併走馬に遅れ
2着クインズサターン 坂2本
栗坂 54.3-40.1-26.4-13.2 一杯
小林 64.6-48.8-35.7-10.7 一杯
 
2017年
栗坂 52.6-39.1-26.0-12.9 一杯
2着ディアデルレイ 併用5本
南W 67.9-53.4-38.7-12.8 G前一杯
内併走馬に併入、中併走馬に併入
3着アルタイル 併用6本
美坂 52.4-38.1-24.7-12.3 強め
併走馬に遅れ
 
2016年
南W 68.7-53.6-38.9-12.7 一杯
2着バスタータイプ 坂3本
栗坂 51.8-37.8-24.8-12.5 馬なり
3着ドコフクカゼ DP1
DP 75.2-60.9-48.2-35.7-11.6 一杯
 
2015年
1着マイネルクロップ 併用4本
CW 80.0-66.7-54.5-41.9-14.1 一杯
2着イッシンドウタイ C2本
北C 68.4-52.9-39.7-13.0 仕掛け
内併走馬に併入
3着マスクトヒーロー W7本
南W 67.5-52.7-38.9-12.6 仕掛け
中併走馬に先着、外併走馬に先着
 
 
ここもどんなパターンからでも馬券に絡むので、特に傾向は無いですね。
そんなに動きがよく見えない馬でも馬券に絡んでしまうので、何を基準にするかは難しいですね。
唯一、傾向的に多いのは、先着されようが何だろうが、最終追い切りを強め以上でやっている馬が、馬券に多く絡んでいるのが目立ちます。
昨年1着のサトノティターン馬なりしかやってなかったんで絶対とは言えませんが、動きが悪そうに見えても、一杯に追ったりして負荷をかけている馬は注目。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
☆脚質傾向
 
2019年
15時 西南西2m 16時 南南西3m 晴れ☀️良
1F12秒7 3F37秒0 5F1分2秒5 1分52秒3
12.7-11.4-12.9-12.9-12.6-12.1-12.4-12.3-13.0
外追ー外先ー外先 13-4-3
 
2018年
15時 南西3m 16時 南西3m 晴れ☀️良
1F12秒4 3F36秒4 5F1分1秒7 1分52秒1
12.4-11.5-12.5-12.9-12.4-12.6-12.6-12.4-12.8
外先ー外差ー内先捌差 3-6-3
 
2017年
15時 北2m 16時 北北東1m 小雨🌂稍
1F12秒7 3F36秒6 5F1分0秒7 1分52秒0
12.7-11.7-12.2-12.1-12.0-12.7-12.3-12.5-13.8
内先ー外先ー外差 5-2-12
 
2016年
15時 東2m 16時 東2m 晴れ☀️良
1F13秒1 3F38秒1 5F1分3秒3 1分52秒7
13.1-12.1-12.9-12.9-12.3-12.1-12.2-12.1-13.0
逃ー内先ー外差 1-5-11
 
2015年
15時 南南西3m 16時 南南西3m 小雨🌂良
1F12秒5 3F36秒4 5F1分1秒9 1分52秒7
12.5-11.4-12.5-13.2-12.3-12.6-12.7-12.5-13.0
中差ー外差ー外先 7-9-3
 
 
昨年はサトノティターンが大外一気に差し切りましたが、基本的には前目に付けて押し切り勝ちが優勢。
毎年、どの馬も最後の直線で止まったようにズブズブになる為、あまり後ろにいすぎると届かないイメージはあります。
1分52秒0〜1分52秒7が馬場を問わず毎年の走破タイムの基準なので、このタイムを出したことがあるかどうかは参考になります。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
☆データ
 
①前走(着順)
 
前走、G1フェブラリーSと最重要ステップの総武S組以外は、連対している調子のいい馬しか来ない。
 
☆前走2着以内か総武SかフェブラリーSを使用
 
 
クリンチャー
タイムフライヤー
スワーヴアラミス
メイショウワザシ
アシャカトブ
 
 
②馬体重
 
500キロ以上の大型馬の活躍が目立つ。
5年前より昔はメイショウタメトモやフレイムオブコードなど460キロ前後の馬も絡んでいるが、近5年は前走馬体重480キロ未満はマイナス。
 
☆前走馬体重480キロ以上
 
タイムフライヤーを除く馬
 
 
③近走(上がり)
 
過去5年、馬券に絡んだ15頭中11頭は近2走内に上がり3位以内がある。
残りの4頭中3頭は、良績のある前走総武S組とフェブラリーS組。
残りの1頭は、2018年3着ロワジャルダン
ロワジャルダンは中山1800mで3着を外したことないコース巧者だった。
 
☆近2走内に上がり3位以内がある馬、もしくは前走総武S組、フェブラリーS組、中山1800m3着外したことがない、この何れかに該当する馬
 
 
クリンチャー
テーオーフォース
ローズプリンダム
ルールソヴァール
タイムフライヤー
コマビショウ
スワーヴアラミス
メイショウスミトモ
メイショウワザシ
ナムラアラシ
アシャカトブ
 
 
④血統
 
父は何でも来ますね。
さすがにLサンデー系とかはないですが、その他は万遍なく来ています。
父は置いといて、4Lで見ると相性が良いのは、ヴァイスリージェント系、リファール系、APインディ系。
これらの血を持つ馬は、何れも複勝率と複勝回収率が高いので注目です。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
残ったのは6頭!
血統からは2頭が本命、対抗になるかなと思いますが、やはり軸には中山1800m実績豊富なこっちか?
 
 
アシャカトブ
 
母父キングカメハメハ(23.12.17.150)
 
武藤騎手(13.10.22.166)
小笠厩舎(15.7.17.99)
 

前走は、今回と同じ8枠からスッと好位につけて、上がり最速で押し切る強い競馬。
3歳時の青龍Sで7着に敗れたのが最低着順で、12戦中9戦は掲示板に乗ってることからも、走ることに関してはかなり前向きな気性で、大崩れのない堅実派です。
前走を見てもレースセンスは抜群で、スタート良し終い良しで文句のつけどころは無し。
血統も父がA.Pインディ系で中山1800mよく走り、母父キングカメハメハも成績として、2割5分を超える複勝率を持っているのは相性良いと言えるでしょう。
鞍上武藤雅騎手は、BABYMETALも在籍していたさくら学院武藤彩未さんの弟?でしたよね?
まだ武藤騎手は中央重賞勝ちがないみたいなので、高松宮記念の裏開催ですが、ここらで1発決めてもらいましょ‼️
さくら学院、BABYMETALファンが応援するよ🌸🦊🌸🦊🌸🦊
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
いかがでしょうか?
最近穴騎手として注目の武藤騎手。
我がBABYMETALファンの一員としても応援したい騎手!
ここは軸は決まったかな?
では、現時点での印。
 
◎アシャカトブ
○クリンチャー
▲スワーヴアラミス
△メイショウワザシ
△ローズプリンダム
 
 
次回は枠順確定後に書きます。
良かったらご覧ください。
 
⬇️クリックとブログインも宜しければお願いします⬇️
 

最強競馬ブログランキングへ
 
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
 

競馬ランキング

今週の重賞【高松宮記念】

今週は高松宮記念

昨年の四天王(タワーオブロンドン、モズスーパーフレア、ダノンスマッシュ、ミスターメロディ)から、ミスターメロディが回避しましたが、グランアレグリア、ノームコア、ステルヴィオらのマイルG1ウィナーが参戦してきて、本当にドリームレースって感じで、故に無観客が残念ショボーン
テレビの前で応援するしかないですが、本当に楽しみなレースですね🎵
 
では、いつものように亀谷先生の『重賞ビーム』を参考に予想していきます。
【🎌高松宮記念🎌】☆過去5年
 
☆調教傾向
 
2019年
1着ミスターメロディ 併用6本(芝、CW)
栗芝 65.2-49.0-34.9-11.5 馬なり
2着セイウンコウセイ 併用6本
南W 53.0-39.0-12.2 強め
3着ショウナンアンセム W1本
南W 84.9-68.7-53.0-38.3-12.6 馬なり
 
2018年
1着ファインニードル 併用7本
栗坂 54.3-39.5-25.7-12.8 強め
栗坂 53.2-38.3-25.3-12.8 仕掛け
3着ナックビーナス W2本
南W 70.1-54.0-38.5-12.3 仕掛け
内併走馬に先着
 
2017年
1着セイウンコウセイ 併用4本
南W 50.1-36.3-12.2 一杯
栗坂 52.4-37.8-計不-12.4 G前強め
3着レッドファルクス 併用6本
南W 67.8-51.7-37.9-12.7 強め
内併走馬に先着
 
2016年
1着ビッグアーサー 坂7本
栗坂 51.0-36.6-23.4-12.0 一杯
2着ミッキーアイル 坂4本
栗坂 49.7-36.2-24.1-12.3 G前一杯
併走馬に併入
3着アルビアーノ 併用2本
南W 51.0-37.2-11.9 強め
内併走馬に先着、外併走馬に併入
 
2015年
1着エアロベロシティ 海外馬
名芝 57.5-43.2-13.8 馬なり
2着ハクサンムーン 坂3本
栗坂 51.8-37.9-24.4-12.2 一杯
3着ミッキーアイル 併用4本
CW 85.7-68.3-53.3-39.1-12.4 馬なり
内併走馬に先着、中併走馬に先着
 
 
ここは何でも来ますね。
最終追い切り場所は、坂路6頭に南Wが6頭とこの2パターンからが主流。
基本的に、坂路のみでもWのみでも併用でも何でも来るので、そこは気にしなくて良し。
注目はタイム。
過去5年、連対馬10頭中、外国馬を除くと全馬が最終追い切りか中間に、坂路で51秒以下か、Wで4F50秒以下、6F80秒以下の速い時計を出していました。
軸は、坂路でもWでも良いので、最終か中間に水準よりも大幅に上回るタイムを出している馬。
まぁ調子が良い馬を買えってことですね。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
☆脚質傾向
 
2019年
15時 北北西7m 16時 北北西7m 晴れ☀️良
1F12秒0 3F33秒2 1分7秒3
12.0-10.1-11.1-11.4-11.2-11.5
内先ー内先ー内差 4-3-13
 
2018年
15時 西北西5m 16時 西5m 晴れ☀️良
1F12秒0 3F33秒3 1分8秒5
12.0-10.3-11.0-11.4-11.5-12.3
外差ー内差ー中差 6-8-6
 
2017年
15時 北北西2m 16時 北北西2m 小雨🌂稍
1F12秒3 3F33秒8 1分8秒7
12.3-10.3-11.2-11.4-11.3-12.2
中先ー内追ー内差 4-13-8
 
2016年
15時 南南西5m 16時 南西4m 曇り☁️良
1F11秒7 3F32秒7 1分6秒7
11.7-10.1-10.9-10.8-11.1-12.1
外先ー外先ー中差 4-3-8
 
2015年
15時 北北東1m 16時 北北東1m 小雨🌂稍
1F11秒9 3F34秒0 1分8秒5
11.9-10.7-11.4-11.6-11.3-11.6
内先ー外先ー外先 2-2-4
 
 
やはり至高のスプリント戦。
ペースは速く、前がかりのラップにはなってしまいますね。
テン3Fは高速馬場で32.7秒〜雨馬場で34秒0とどっちにしろ速い。
基本的には、この高速ペースの中団より前の方に楽に付けれるテンのスピードがあって、鞍上が持ったままで4コーナーを好位でまわって来れる馬が良い。
また、レッツゴードンキ、ショウナンアンセムなど、追い込みで馬券に絡んだ馬がいますが、通ったコースは全て内。
差し、追い込み馬で外をぶん回す馬を買うのはやめておいた方が良い。
軸に最適は、テンの速い先行馬で、差し追い込みなら内枠からロスなく抜けてくる馬。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
☆データ
 
①前走(着順)
 
レベルの高い一戦。
過去5年、馬券に絡んだ15頭中12頭は前走掲示板内は確保。
例外は、2017年3着レッドファルクス、2019年1着ミスターメロディ、2着セイウンコウセイ。
3頭とも中京で重賞勝ちあり。
 
☆前走掲示板内の馬、もしくは中京で重賞勝ちがある馬。
 
アイラブテーラー
アウィルアウェイ
グルーヴィット
シヴァージ
セイウンコウセイ
タワーオブロンドン
ダイアトニック
ダノンスマッシュ
ナックビーナス
ノームコア
モズアスコット
 
 
 
②ローテーション
 
近2年で少し変わってきているが、基本的に近走1400m以上を使っている馬が好成績。
過去5年、1200m→1200mのローテーションで馬券に絡んだ馬は6頭いるが(香港馬含む)、6頭中5頭は、近2走内に重賞で連対していた馬。
後の1頭はセイウンコウセイで、2走前にダートを使っていた。
 
☆近2走1200m→1200mのローテで、重賞連対がある馬、もしくはダートを使っている馬
 
アイラブテーラー
アウィルアウェイ
タワーオブロンドン
ダノンスマッシュ
ナックビーナス
 
 
③近走
 
海外馬のエアロベロシティを除くと、近5年で馬券に絡んだ14頭中9頭は近2走内に残り3F3番手以内の先行をしている。
後の5頭中3頭は、上がり3位以内が近2走内にあり。
残りの2頭は、近2走内の内1走は海外だった。
馬券の軸としては、先行している馬が良い。
 
 
☆近2走内に3番手以内の先行がある馬
 
クリノガウディ
セイウンコウセイ
ナックビーナス
 
 
☆近2走内に上がり3位以内がある
 
アイラブテーラー
アウィルアウェイ
シヴァージ
タワーオブロンドン
ダイアトニック
ダイメイプリンセス
ダノンスマッシュ
ナックビーナス
ノームコア
モズアスコット
 
 
④血統
 
父はフォーティナイナー系=アドマイヤムーン産駒が強い舞台。
毎年のように馬券に絡みます。
父ストームバード系も、人気を考えるとなかなか良く、2頭が馬券内。
父サンデー系も来ることは来ますが、全体的に出走頭数から見るとやや少なめ。
ただ、今年は強いフォーティナイナー系がセイウンコウセイしかいないので、多少変化はあるかも。
4Lでは、昨年ジャングルポケット産駒のショウナンアンセムが大穴を開けたように、大系統ナスルーラーの血を持つ馬が相性良いので、ナスルーラー系持ちには注目。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
残ったのは11頭。
これは難しいガーン
セイウンコウセイ、ナックビーナスの2頭が最も軸に近いですが、これという決定打は今のところ無し。
もうデータとか無視するなら血統的にはこれが一押し‼️
 
シヴァージ
 
父First Samurai(0.0.0.0)
母父Indian Charlie(0.0.0.1)
 
藤岡佑騎手
野中厩舎(0.0.1.10)

前走やっとOPを勝ったばかりで、データ的にも消し‼️
しかし、これと言って推し馬もいないなら、淀短距離Sから気になっているこの馬は必ず買いたいですね。
その淀短距離Sは、川田騎手のクソ騎乗オブザイヤーにエントリー作品。
まともなら1月にOPを勝って、シルクロードSに向かっていたのではないでしょうか?
この馬のセールスポイントは末脚。
溜めればデュランダルを彷彿とさせる末脚を見せます。
父はストームバード系。
同じストームバード系スタチューオブリバティ産駒のアクティブミノルは、全く人気薄でしたが、大外から追い込んで4着。
外から行くと届かないので、内から捌いていければ馬券内のチャンスはあります。
母父はグレイソブリン系の血が入っており、馬券に絡めば昨年のショウナンアンセムに続いてグレイソブリン系が穴を出すことになります。
ミルリーフの血も入っていて、馬場悪化、超ハイペースと条件がタフになればなるほど展開は向きそうです。
強敵相手に目の覚める末脚を期待します。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
いかがでしょうか?
絞りきれず事前予想は崩壊ゲロー
血統こそが穴を当てる!の信念を貫くならシヴァージで行くしかないか?
では、現時点での印
 
◎?シヴァージ
○グランアレグリア
▲ナックビーナス
☆セイウンコウセイ
 
 
次回は枠順確定後に書きます。
良かったらご覧ください。
 
⬇️クリックとブログインもお願いします⬇️
 
 


最強競馬ブログランキングへ

 
 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
 


競馬ランキング

今週の重賞【毎日杯】

今週土曜日阪神メインは毎日杯

毎日杯も現時点で登録頭数が15頭とフルゲート割れ!
近10年の成績を見ていると、後のG1馬が多数いますね。
アルアインキズナのように、すぐに皐月賞やダービーで結果を出した馬もいれば、キセキやスピルバーグやインディチャンプのように少し遅れて出世した馬もおり、かなりレベルの高いレース。
一昨年も1.3着馬は後のG1馬。
昨年はややレベルが低かったですが、ウーリリやヴァンドギャルドなんかは、今後G1を取る可能性がまだまだありますし楽しみですね口笛
今年も"未来のG1馬"を見つけに頑張って予想していきましょう。
 
では、いつものように亀谷先生の『重賞ビーム』を参考に予想していきます。
【4️⃣毎日杯4️⃣】☆過去5年
 
☆調教傾向
 
2019年
1着ランスオブプラーナ W2本
CW 82.1-65.7-51.2-38.1-12.2 強め
2着ウーリリ 併用9本(坂路、DP主体)
DP 82.2-65.7-51.5-37.6-11.2 馬なり
外併走馬に遅れ
3着ヴァンドギャルド 併用6本
CW 51.5-38.0-12.1 仕掛け
外併走馬に先着
 
2018年
1着ブラストワンピース 併用5本
南W 52.7-38.1-12.9 G前一杯
外併走馬に先着
2着ギベオン 併用4本(坂路、芝)
栗芝 54.1-38.5-11.9 馬なり
外併走馬に併入
3着インディチャンプ 坂7本
栗坂 53.2-38.7-25.7-13.3 馬なり
併走馬に先着
 
2017年
1着アルアイン 併用5本
CW 53.4-38.6-11.6 馬なり
2着サトノアーサー 併用5本
CW 51.5-37.4-11.7 馬なり
外併走馬に先着
3着キセキ 併用5本
CW 66.6-52.7-38.7-11.9 馬なり
中併走馬に併入、外併走馬に併入
 
2016年
CW 80.5-63.7-49.2-36.7-12.3 仕掛け
内併走馬に先着
2着アーバンキッド W3本
南W 69.8-54.4-39.7-12.4 仕掛け
3着タイセイサミット 坂3本
栗坂 52.2-38.5-25.2-12.5 馬なり
外併走馬に先着
 
2015年
1着ミュゼエイリアン 併用7本
南W 68.8-52.5-38.5-13.1 馬なり
外併走馬に併入
2着ダノンリバティ 坂6本
栗坂 52.1-38.2-24.9-12.5 仕掛け
外併走馬に先着
3着アンビシャス 坂7本
栗坂 52.4-38.5-25.2-12.7 一杯
併走馬に遅れ
 
 
割合的には、併用が9頭、坂路が4頭、Wが2頭と何でも来ますが、併用を軸にしておくのが無難。
最終追い切りWかDPか芝が計11頭なので、中間坂路もやりつつ、最後はコース追い切り仕上げが良いですね。
また、馬券に絡んだ15頭中12頭が、最終追い切りを併せ馬しており、残りの2頭についても1週前に併せ馬をしていましたので、併せ馬の有無は重要かと思います。
昨年のランスオブプラーナだけが例外ですが、まぁ相性の良い1枠だったということで😅
併用調教をしており、なおかつ最終追い切りか1週前に併せ馬。
これが軸に最適。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
☆脚質傾向
 
2019年
15時 北5m 16時 北7m 曇り☁️良
1F12秒9 3F36秒5 5F1分0秒7 1分47秒2
12.9-11.5-12.1-12.2-12.0-12.2-11.2-11.2-11.9
逃ー内先ー外追 1-3-12
 
2018年
15時 南西4m 16時 南西4m 晴れ☀️良
1F12秒9 3F36秒0 5F1分0秒3 1分46秒5
12.9-11.6-11.5-12.0-12.3-12.1-11.5-11.1-11.5
内先ー中差ー内捌中追 2-5-10
 
2017年
15時 東1m 16時 北東1m 晴れ☀️良
1F12秒5 3F35秒2 5F1分0秒1 1分46秒5
12.5-11.1-11.6-12.2-12.7-12.0-11.1-11.3-12.0
外先ー外追ー外追 2-7-7
 
2016年
15時 南西4m 16時 南西4m 晴れ☀️良
1F12秒6 3F36秒3 5F1分1秒6 1分47秒3
12.6-11.5-12.2-12.6-12.7-12.4-11.3-10.6-11.4
外差ー内差ー中差 8-5-4
 
2015年
15時 南西6m 16時 南西5m 晴れ☀️良
1F12秒9 3F35秒9 5F1分0秒5 1分47秒2
12.9-11.4-11.6-12.3-12.3-12.0-11.3-11.2-12.2
外先ー外追ー外捲差 2-11-7
 
 
基本的に毎年スローペースで残り3Fから速くなるという点は一貫しているので、脚質よりも瞬発力が重要か?
ただ、今年は近5年には無かった雨の可能性もあり、傾向通りとはいかないかも。
1分46秒5で勝った2018年と2017年の3着内6頭は何れも後に古馬重賞で勝ち負けしているので、1分46秒台が出れば、後の飛躍に期待。
ただし、これも良馬場前提ですが、、、
基本的にスローペースなので、前にいてなおかつ速い上がりを出せる馬。
これが軸に最適。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
①前走(間隔)
 
過去5年の馬券内馬15頭中14頭は、前走が年明け以降のレースを使っていた。
唯一の例外は、2019年2着ウーリリ。
ウーリリは前走が新馬戦で、こういう伸びしろが未知数の馬だけは注意が必要か?
他の間隔が空きすぎている馬は厳しい。
 
☆前走が今年以降、もしくは前走新馬
 
全馬該当
 
 
 
②前走(クラス)
 
前走が未勝利戦以下を使用した馬は、過去5年馬券に絡んだのは2019年2着ウーリリのみ。
昨年モロにウーリリを消してしまったので、今年は多少アレンジ。
ウーリリは前走新馬戦で2着とはクビ差だったが、3着以下を0.6秒ちぎっていた。
着差を大きくつけている馬は重賞でも通用可能と見る。
 
☆前走が未勝利戦、または新馬戦の馬で、2着か3着に0.5秒差以上の大差勝ち。
 
アーヴィンド(ダート)
 
 
 
③近走(上がり)
 
過去5年、馬券に絡んだ15頭中12頭は、近2走内に上がり2位以内の脚で3着内の実績あり。
例外の3頭は、2015年1着ミュゼエイリアン、2019年1着ランスオブプラーナ、3着ヴァンドギャルド
これらの3頭には、全て重賞で掲示板内があった。
 
☆近2走内、上がり2位以内で馬券に絡んだことのある馬、もしくは重賞で掲示板内がある馬
 
アーヴィンド
アルジャンナ
ストーンリッジ
テイエムフローラ
トウケイタンホイザ
メイショウダジン
 
 
④先行
 
過去5年、馬券に絡んだ15頭中8頭は、重賞で残り3F5番手以内の先行があった馬。
脚質傾向でも言った通り、先行できる能力は重要視したい。
 
☆重賞で残り3F5番手以内の先行があった馬
 
アルジャンナ
ストーンリッジ
 
 
 
⑤血統
 
2016年を除き、ディープインパクト産駒は、毎年1頭以上が馬券内に。
2016年にしても、この年のディープインパクト産駒はディープエクシード1頭しかおらず、ディープインパクト産駒なのに逃げをかました点を考えても、後方待機型のディープインパクト産駒がいれば馬券内は堅いと見るべき。
あと注目はキングマンボ系で、父キングマンボ系はイマイチですが、4Lにキングマンボ系を持つ馬だと(2.1.3.12)と複勝率33%‼️
人気薄でも、母父エルコンドルパサーミュゼエイリアンルーラーシップ産駒のキセキが馬券に絡んでいるので、キングマンボ系を4Lに持つ馬は注目。
対照的に、Tサンデー系はこのコースに出走頭数多い割に、全てのデータでディープ系で見劣り、父 Tサンデー系は(0.1.1.11)と不振。
強そうなディープ産駒がいれば、迷いなくそちらを軸にすべき。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
残ったのは5頭‼️
ディープ、ディープ言うてるんで、ディープ産駒の3頭は間違いなく馬券に絡むでしょう。
一番手はストーンリッジかなと思ったのですが、この馬はきさらぎ賞で取り上げており面白くないので、ディープの次代に期待してこの馬から‼️
 
 
アーヴィンド
 
キズナ(1.1.1.16)
母父Zafonic(1.0.1.2)
 
国分恭騎手
岡田稲厩舎(2.0.4.17)
 

前走ダートからなので、全く未知の魅力がある馬ですね。
父は新種牡馬で早くも重賞4勝と、同期エピファネイアに差をつけているキズナ
ディープブリランテや、トーセンホマレボシが今ひとつパッとしなかったので、ディープインパクトの後継種牡馬としての地位が高まっています。
先週のフラワーCの後にも思いましたが、キズナ産駒はダート、芝問わずに1800mって得意な気がします。
率で言うと、芝はあまり差はないですが、ダートでは圧倒的に1800mが高いです。
この馬も、その勝率の高いダート1800mを勝ち上がり重賞に挑戦。
はっきり言って父ディープインパクト産駒の3頭が強いとは思いますが、穴を開けるとしたらこれか?
兄弟にはプレイズエターナルなど、スプリント戦を走っていた馬が多く、ディープインパクト×スプリンター血統がヒットしたように、キズナともマッチすれば芝でも全然やれるだけのスピードはあるでしょう。
騎手も穴っぽい国分恭介騎手で楽しみです。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
いかがでしょうか?
ディープインパクト産駒の3強だけでは安そうなんで、なんとかキズナ産駒のアーヴィンドに一矢報いてもらいたいですね。
では、現時点での印。
 
◎アーヴィンド
○ストーンリッジ
▲アルジャンナ
☆サトノインプレッサ
△メイショウダジン
 
 
次回は枠順確定後に書きます。
良かったらご覧ください。
 
⬇️クリックとブログインも宜しければお願いします⬇️
 
 
 

最強競馬ブログランキングへ
 
 
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
 

競馬ランキング

今週の重賞【日経賞】

今週の総メインは高松宮記念ですが、出走頭数が多いので先にこちらから行きましょう!

土曜日の中山メイン日経賞
 
忘れもしない、昨年戸崎騎手ルックトゥワイスの🏆クソ騎乗オブザイヤー受賞レース🏆です(笑)
まぁかなり私情は入ってて、昨年ルックトゥワイスには◉つけたんですよね。
スローペースで、終始インに包まれて終了という愕然とする結果でしたチーン
後にレーン騎手で目黒記念を勝利したルックトゥワイス、、、
スムーズなら馬券内は間違いなかったはずのレースでした。
今年も私情たっぷりのクソ騎乗オブザイヤー争いゲロー
今年は丸山騎手のポイントがかなり高いぞ‼️
→アブソルティモ、ミアマンテ、ココロノトウダイ、プラス平場でも酷いのあったな。
一発神騎乗で見返してけろムキー
 
では、いつものように亀谷先生の『重賞ビーム』を参考に予想していきます。
 
 
【💹日経賞💹】☆過去5年
 
☆調教傾向
 
2019年
1着メイショウテッコン 併用9本
栗坂 51.2-37.2-24.1-11.8 一杯
2着エタリオウ 併用13本
栗坂 53.4-38.6-25.1-12.7 強め
併走馬に遅れ
3着サクラアンプルール 併用7本
南W 71.6-55.8-40.6-12.5 仕掛け
 
2018年
1着ガンコ 併用8本
栗坂 54.2-39.3-25.2-12.5 仕掛け
2着チェスナットコート 坂4本
栗坂 55.2-41.1-26.7-13.3 一杯
併走馬に併入
3着サクラアンプルール 坂3本
美坂 54.2-39.0-25.6-12.5 強め
 
2017年
1着シャケトラ 併用7本
CW 86.2-70.0-54.1-39.6-12.5 馬なり
中併走馬に併入、外併走馬に併入
2着ミライヘノツバサ 併用8本
南W 64.8-50.5-37.8-12.7 強め
3着アドマイヤデウス 併用8本
栗坂 53.6-38.6-24.6-12.1 G前強め
 
2016年
南W 65.1-50.5-37.2-12.0 直線一杯
内併走馬に併入、外併走馬に先着
CW 83.3-67.1-52.0-38.1-12.0 馬なり
外併走馬に先着
3着マリアライト W8本
南W 84.8-69.9-54.0-39.9-12.4 馬なり
 
2015年
栗坂 53.3-38.5-24.8-12.2 一杯
CW 82.6-67.2-52.4-39.0-12.2 一杯
内併走馬に先着
3着ホッコーブレーヴ 併用5本(W.P.D)
南D 67.4-52.2-38.1-12.6 馬なり
外併走馬に併入
 
 
あまり傾向はないですね。
併用が最も良いですが、坂路のみ、Wのみも馬券に絡んでいる為、そこまで気にしなくて良い。
ただ、軸はと言うと、過去5年の1着馬は本数が9→8→7→9→9と多めに乗り込まれています。
1月か有馬記念からの間隔で、今回ビッシリと追い切り本数多い馬が軸に最適。
逆に本数少なかった人気馬はあまりいないのですが、2018年トーセンバジル、2019年ルックトゥワイスあたりは5本、6本の本数でしたので、人気馬は7本を目安に買いの判断をしたい。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
☆脚質傾向
 
2019年
15時 東2m 16時 東南東2m 曇り☁️稍
1.5F18.8秒 3.5F43.6秒 5.5F1分9秒3 2分34秒2
7.0-11.8-12.5-12.3-12.6-13.1-12.9-13.1-11.9-11.6-11.8-11.6-12.0
逃ー向動外先ー内差 1-2-7
 
2018年
15時 南西2m 16時 南東4m 晴れ☀️良
1.5F19秒2 3.5F43.4秒 5.5F1分9秒4 2分33秒9
7.1-12.1-11.8-12.4-12.7-13.3-12.2-11.9-12.0-12.4-11.9-11.6-12.5
逃内先ー外差ー外差 2-9-11
 
2017年
15時 南南東2m 16時 東南東3m 晴れ☀️良
1.5F18秒3 3.5F42秒9 5.5F1分8秒0 2分32秒8
6.9-11.4-12.3-12.3-12.2-12.9-12.5-12.2-12.0-11.9-11.8-11.8-12.6
外差ー外先ー内先 8-2-3
 
2016年
15時 南南東3m 16時 東南東3m 晴れ☀️良
1.5F12秒1 3.5F44秒8 5.5F1分11秒6 2分36秒8
7.0-12.1-12.6-13.1-13.1-13.7-13.5-13.2-12.4-12.2-11.8-10.9-11.2
外先ー外先ー内先 3-2-4
 
2015年
15時 南西4m 16時 南西3m 晴れ☀️良
1.5F11秒4 3.5F41秒7 5.5F1分6秒1 2分30秒2
6.9-11.4-11.5-11.9-12.0-12.4-13.1-12.4-11.8-11.7-11.7-11.6-11.8
外差ー中差ー内差 7-5-9
 
 
基本的にスローペースになることが多く、2017年のみが1Fを13秒台に一度も落とさないMペース。ペースによらず、前に行ってなおかつ内をロスなく回ってくることが勝利のポイント。
ただ、2018年のように内側がかなり荒れていて、外に大きく膨らむレースになると差しも決まりやすくなると思いますので、当日のレース傾向は要注意。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
☆データ
 
①前走
 
過去5年、馬券に絡んだ15頭中、13頭は前走がG1かG2。
2018年1着ガンコと2着チェスナットコートは、前走条件戦だったが、2頭とも1着だった。
 
☆前走、G3以下戦を使い1着
 
サンアップルト
 
 
②近走
 
過去5年、馬券に絡んだ15頭中7頭は近2走内に上がり2位以内がある。
後の8頭中4頭は、過去に馬券に絡んだことのあるリピーター。
後の3頭は、近2走内にG2以上で2番手以内の先行が有る。
唯一、データに当てはまらないのは、2018年3着サクラアンプルール🌸
3着には抑えが必要かも。
 
☆近2走内に上がり2位以内がある、近2走内にG2以上で残り3Fで2番手以内の先行をしている、リピーター、この何れかに当てはまる馬
 
ウインイクシード
エタリオウ
ガンコ
クレッシェンドラヴ
サンアップルト
スティッフェリオ
ミッキースワロー
モズベッロ
 
 
 
③血統
 
父は Tサンデー系とLサンデー系が良い舞台。
逆に父ディープ系は(0.0.1.6)であまり良くない。
後はキングマンボ系も勝利はないものの(0.0.2.1)と3着内にはよく来ます。
『重賞ビーム』に書いてある通り、父サンデーに母父が米国系の馬の方が、小回り向きのスピードを備えていて好成績。
また、スピードの持続力とスタミナに長けたグレイソブリンの血を持つ馬がよく来ます。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
残ったのは7頭‼️
エタリオウ、モズベッロ、ミッキースワロー、サンアップルトンあたりからの本命馬選出となりそうですが、一番手はこれかな?
 
 
モズベッロ
 
母父Harlan's Holiday(0.0.0.1)
 
池添騎手
森田厩舎(0.0.0.1)

2走前はマイナス10キロも響いたかもしれませんが、横山武騎手が上手く捌けずって印象が強いですね。
戸崎騎手のルックトゥワイスに近い内容爆笑
まともに4コーナー回って来たら勝っていた手応えで、前走それを証明して見せましたよね。
ここまで3戦連続で上がり最速を使っており、前走もキレが凄かったですね。
どちらかと言うと、小回り向きの鋭さがあるように思えるので、中山でも前が詰まらなければ大丈夫でしょう。
ディープブリランテが気になりますが、母父に米国ストームバード系を持っており、母父に相性の良い米国のノーザンダンサー系の血を持つのは、この馬とエタリオウのみ。
前に行けなくても、テンのスピードはそこそこあるので、出遅れないor外枠にならない限りは、好位追走可能と見ます。
重賞連勝に期待します。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
いかがでしょうか?
今年はやや小粒なメンバー。
というか、阪神大賞典やら金鯱賞やら大阪杯やらドバイがあるので、今後もG3クラスの重賞になってしまいそうで寂しいですが、、、
モズベッロは春天が目標ですよね?
ディープブリランテ産駒のG1ウィナーはまだいなかったはずなんで、後輩のキズナ産駒に抜かされる前にモズベッロが決めて欲しいですね。
 
では現時点での印‼️
 
◎モズベッロ
○エタリオウ
▲ミッキースワロー
☆スティッフェリオ
注サンアップルト
 
 
次回は枠順確定後に書きます。
良かったらご覧ください。
 
⬇️クリックとブログインも宜しければお願いします⬇️
 
 
 


最強競馬ブログランキングへ

 
 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
 


競馬ランキング

買い目【京成杯】

3連複1頭軸流し

 

9→1.11.12.2.8

 

3連単フォーメーション

9→1.11.12→1.11.12.2.8

 

15時25分追加

シークレットランのパドックがあまりに良すぎるので馬単追加

 

9→1.11.12.2.8.5.6.7

 

血統中心に競馬予想。目指せ回収率100%超え

↑ブログはこちら